i’m lovin’it 永久保存版コピー

”i’m lovin’it”は、誰でもが知るマクドナルドのグローバルブランド戦略のコピーだ。
2003年9月、マクドナルドは世界100カ国以上のお客様、共通のメッセージで新たなコミュニケーションを推進した。
当時、日本マクドナルドはにジャスダック市場に上場(2001年)を果たし「勝ち組」と言われてきたが、BSEの影響や価格政策などで日本だけでなく世界的に経営が悪化していた。
マクドナルドの本社の戦略は、世界100カ国以上33,000店のすべてのマクドナルドで働くすべての人が、心をひとつにして取り組むブランド強化・ロイヤルカスタマー獲得の活動を展開することにあった。
原点に立ち返り、デザイン、商品、QSC+Vなどマクドナルドだけが持つ資産により、お客様のお気に入りの「食事」「場」「スタイル」を提供し、日常の生活の中で感じていただくコミュニケーションを目指した。
そのワードが、 ”i’m lovin’it”。
「パラッパッパッパー」のメロディとともに、ひとりひとりの”i”への語りかけで、We You の押し付けであってはならない。
現在も、その思想が脈々と引き継がれている。